2013年04月29日

平和憲法を持つ国のするべきこと

4月28日
詫びることもない「主権回復の日」
こんな恥ずかしく愚かな政府に、この国を決められるなんて、わたしは恥ずかしく愚かだ。

♪この国を守るために
核兵器がなくてはならないとしたら
核兵器がなくては滅びていくとしたら
滅びていこうではないか

わたしたちはどんなことがあっても
戦力は持たない
わたしたちはなんと言われようと
戦争はしない

………笠木透さんの「軟弱者」をうたう

北朝鮮との緊張が続く中、今こそ活かすべきは、軍事力ではない。


posted by ぶん at 18:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ終わらないビキニ事件!調査決行!

.facebook_528439794.jpg.facebook_-891075474.jpg.facebook_552719417.jpg.facebook_501411016.jpg4月27日

南海放送ディレクターで『放射能を浴びたX年後』の監督であり、9年もの間、聞き取り調査を続けてきた伊東監督と一緒に神奈川県久里浜へ。

東京平和委員会の青年企画に集まったのは19人。そのほとんどが若者。伊東監督曰く「この人数は前代未聞」と。つまり、どれだけ国民の関心事ではなかったか、わたし自身含めて、59〜55年も前の真実が隠蔽されたまま風化する危機を知らなかった。

愛媛在住の伊東監督がまわるには全く手が足りない。
ヒロシマ、ナガサキの被爆者から話を聞けるのも急がれるとおなじに、あの核爆発実験が行われたあのときに、あの海で操業していた船員たちの中で、今も生存している方は少ない。
第二幸成丸の乗組員で今も生きているのは二人だけ。
その一人、有藤さんのお宅をみんなで訪ねた。
被ばくし、ガイガーカウンターで年間放射線量をかるく越えてしまった漁師さんたちにはその結果も知らせず、そもそも爆発と白い灰を知ったのは、第五福竜丸の無線を傍受したからなのだ。

福竜丸よりも遠くで操業していた第二幸成丸の船員のほうが、なぜ若くして多くの方が亡くなっているのか?

アメリカが隠蔽し、日本政府も追求しなかった"被ばく"の実相は?

未だに初期放射線による被ばく影響のみを取り上げ、遠距離被爆、内部被曝を軽視する国の認定基準は、真実を歪めている。

被爆者の実相を知ることは、「ふたたび被爆者をつくらないこと」なんだ。

奇しくも、3・11東電・福島第一原発事故が起きて、国民の関心が高まった核の問題と課題。

福島につながるとして調査がいま、あちこちで行われようとしているが、
伊東監督は「ぼくにとっては、弔いなんです」と語られた。

この9年の中で、伊東監督にぶつけられた被爆者の憤りと戸惑いとさまざまな感情とともに命を去った船員さんたちを想う。

あてがない中、グループごとに浜辺を歩き20分。たまたま声をかけたら、なんと、当時ビキニ環礁でマグロ漁をしていた方を知っているというおじいさんに会えたのだ!
事情を話たら「腕のいい漁労長が三崎にいるよ。連絡していいか聞いてみるからお宅らの連絡先教えて」と。
なんとその二時間後に電話があり「三度の水爆実験を知っている」という90代の元漁労長にコンタクトを取ることがOK となった!

聞いてみて良かった!
全員が次回の調査に参加を決めた。
posted by ぶん at 15:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

face book でつながった初めましての方々と震災福幸応援

Picture033013_192102.jpgPicture033013_222545.jpgPicture033013_204929.jpgPicture033013_210217.jpgちょいと掲載忘れていました記事。

先月は、さいたま市fbグループ主催の『震災福幸応援チャリティコンサート』に参加。

陸前高田市のゆるキャラ"ゆめちゃん"の「サインするよ」の可愛いジェスチャーにやられ、CD 購入。
歌手は大船渡出身のシンガーソングライター濱守栄子さん。彼女の歌う『国道45号線』は海沿いの通いなれた風景に、生きていた人たちの姿を思う素直な気持ちに涙がでました。私の故郷、八戸の中学生のときの通学路も国道45号線だったこともあり、しみじみ。
ほかにも、いわきの映像や田老の映像があり、この2年の歩みの遅さを実感するものでした。また、石巻でいのちをさらわれた生徒を想いました。
グッズ販売されていた釜石市出身の方はご両親らを津波で亡くされたと話してくださいました。
「下ばかり向いていられませんよね」と笑顔で販売していた釜石の"大漁"手拭いや陸前高田市の物産品の板昆布や焼きまつもなどいろいろ購入してきました。
さいたま市長の清水さんもゆるキャラ『ヌー』と被災地の支援もがんばっています。
ほかにも田老のベビーハンモックhttp://www.tarobabyhammock.com、雄勝の硯、石巻の呉服屋タオル、福島プロジェクトなどなど出展。
私も縁あって、南三陸の「南三陸オクトパスくん福興多幸」支援グッズ販売しながら、このつながりを大切にしたいなとあらためて思いました。

企画の運営にあたった方たちに
あらためて感謝です。
posted by ぶん at 22:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

子どものシアワセにつながるねがい

Picture040713_224900.jpgPicture040713_224952.jpg待っていた1冊。
『子どもは無限大〜人間力につながるあそび・アート〜』

子どものシアワセにつながる、おとなのための栄養がいっぱい!
子育て中の方だけじゃなく、子どもにつながる、すべてのおとなのみなさんに読んでもらいたい!

生きる権利はみんなにある。
子どもは子ども。私は私。
子どももおとなも育ち合う地域づくりをめざすユニークな団体、鹿児島子ども劇場40年の記録。
posted by ぶん at 00:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

語れば凄い!

今年も平和行進の準備が各地で始まっている。
私は正式に平和行進中央実行委員会の事務局担当となって2年目。
そんな私が今日は"講師"という名で呼ばれた、2013年千葉県平和行進の第一回実行委員会、いや、私が学ばされた、地域の方の粘り強い活動。

平和を求める母ちゃんたちの姿。「父ちゃんに仕事を!」ヨイトマケの歌みたいだった千葉土建主婦の会の母ちゃんたち。
「主婦の会カラーのピンクの傘に、署名してくれた人にメッセージも書いてもらうのよ〜」と母ちゃんたち。
毎年そのピンクの傘を、世界大会に参加する仲間たちに持たせるんて!それを広島、長崎に折り鶴と一緒に置いてくるんとな。

合唱団として駅頭署名を続けて10年という、プリマベラ。平和行進に積極的に参加、うたごえで思いを伝える。

南房総実行委員会の父ちゃんは、事前署名と募金をお願いした家々に、平和行進が終わると絵手紙で、ありがとうを配る。

知らなかったよ〜

もっと足を運んで話を聞きに行かなきゃだな。
posted by ぶん at 00:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。